首が痛い・動かない

首は動かせる範囲が広く、重さ5Kgの頭を支えている大切な部位です。
それだけに痛めてしまうと、日常生活に大きな支障が出ます。

首が痛い・動かない場合の
症例一覧

頸肩腕症候群いわゆる肩こり

頸肩腕症候群の症状

後頭部から首、両肩にかけて痛みやツッパリ感やしびれがあり、首や肩が動かしにくくなります。
現在成人の多くに見られる症状ですが、よく似た症状で頚椎椎間板ヘルニアやリウマチ性多発筋痛症等があり見極めが大切です。

頸肩腕症候群の治療

日常生活上の姿勢の改善、適度な運動が先ず大切です。
その上で鎮痛剤の投与とマッサージ、温熱療法等のリハビリを行います。
ブロック注射や筋肉の強張りを改善させる薬を処方します。

頸部捻挫いわゆるむち打ち

頸部捻挫の症状

交通事故等で急な外力により首や肩を痛めてしまったものです。
むち打ちは治らないイメージですが適切に治療すれば、その様なことはありません。

頸部捻挫の治療

激痛を伴う様な初期は安静が必要ですが、昔よく見たネックカラーはよほどでない限り必要なく鎮痛剤を開始します。
神経損傷が無いこと確認後、首の緊張を緩和させるリハビリを開始します。

交通事故などで受診される方は下記ページも合わせてご覧ください。

頚椎椎間板ヘルニア腕が痺れて上がらない

頚椎椎間板ヘルニアの症状

首の骨のクッションの役割をしている椎間板が出て痛み、首の神経を圧迫して出る症状です。
腕が痺れて動かさなかったり、痛みが無いのに腕に力が入らなく腕が上がらない状態です。

頚椎椎間板ヘルニアの治療

神経の痛みを抑える薬を使ったり、動かない腕が固まらない様にリハビリを行います。
放置しても出た椎間板は消える事もありますが半年かかる事もあります。
但し筋肉が痩せてくる様なら手術をした方が良いです。

頚椎症首が回らない、痛い

頚椎症の症状

首の骨である頚椎の年齢に伴う変形による症状です。
ヘルニアの様な腕に電気が走る神経根症及び手足の力が入らなくなる脊髄症があります。どちらも頸椎の間の関節が変形し首が痛んだり、左右に回しにくくなります。どちらも悪化すると麻痺や痛みの為日常生活に支障をきたします。

頚椎症の治療

痛み止めと頸部の周囲の緊張をほぐすリハビリを開始します。
効果が少なければリリカやタリージェ等の神経痛に特化した薬を追加します。但し指の動きが悪くなれば手術を勧めます。

頸椎回旋位固定子供の首が動かない

頸椎回旋位固定の症状

主に小学生低学年までの子供の首に馬跳びや前転等でストレスがかかり動かなくなる状態です。
子供の骨は未熟で軟骨が多い為、首に外力が加わり、首の骨の1番目と2番目の間でズレが生じて、首が左右どちらかに少し傾げた状態で動かせなくなります。

頸椎回旋位固定の治療

先ずレントゲンで頸椎回旋位固定を確認することが大切です。場合よってはCTが必要になります。
確認出来れば、痛み止めと安静で自然整復を待ちます。良くならなければ全身麻酔の状態で整復が必要です。

タイトルとURLをコピーしました