整形外科

整形外科の診療内容

整形外科は、身体を動かす骨・関節(軟骨)・筋肉・靭帯・末梢神経などの運動器疾患及び外傷すべてに対応いたします。

また、対象年齢も新生児から高齢者まで幅広く診察致します。

患者様の症状を診察し、一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療を心がけています。

整形外科

下記のような症状がある場合は整形外科を受診してください。

  • 整形外科の対象疾患
  • 関節の痛みや動きの制限
  • 骨や関節の変形
  • 手や足のしびれ
  • 歩行障害
  • 手指がうまく使えない
  • 頚・背中・腰の痛み
  • 筋肉の萎縮
  • 四肢の筋力低下
  • 背骨の変形
  • 外傷や感染後の四肢の変形や短縮
  • 筋肉や骨に発生した腫瘤
  • スポーツ障害頻度の高い膝関節の治療

対象疾患

外傷 骨折、脱臼、アキレス腱断裂、手指の腱断裂、骨粗鬆症に伴う骨折、大腿骨頚部骨折、上腕骨頚部骨折、橈骨遠位端骨折、脊椎圧迫骨折
関節疾患全般 変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、変形性膝関節症、膝半月板損傷、膝関節靭帯損傷、リウマチ性関節症、痛風性関節症、肩関節周囲炎、肩腱板断裂、足関節靭帯損傷、外反母趾
頚椎・胸椎の疾患 頚椎症、頚椎・胸椎椎間板ヘルニア
脊柱靭帯骨化症…後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症
腰椎の疾患 急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症・すべり症、腰部脊柱管狭窄症
末梢神経障害 手根管症候群、肘部管症候群
その他 腱鞘炎、骨髄炎、化膿性関節炎、四肢骨の変形、短縮による機能障害、骨軟部腫瘍、転移性骨腫瘍

タイトルとURLをコピーしました